水質測定をしてもらいました。

今日は塩を買いにアクアショップTKさんに行ってきたんですがw

実は他の目的ありました^o^

これです^_^


20151128.png

アクアショップTKさんのブログから画像を拝借w

レッドシーの加藤さんがセミナーやるんですよ~^o^

始まるのが19時なんですが、その前には水質測定&相談会もしてもらえるんです^_^

セミナーには用事があって出ることができないので、せめて水質測定と話しだけでも!ってことでw

14時くらいに行ったんですが、水質測定は自分が第1号でしたw

セミナーが19時なんでまだ誰も来てなかったようです(^^;)

時間もあり、誰もいなかったってことで測定できるものは測定してもらいました^o^

20151128.jpg

ほのぼのとした感じで談笑中~(笑)




で、測定結果はこんな感じです^_^

20151128 (2)

実はちょうどうちにある測定キットの試薬がなくなって、最近測定できてなかったんです(汗)

そしたらこんな数値に(^^;)

Caが高過ぎ・・・(汗)

これは前にバッファー剤を添加してKHが急上昇&Caが急降下したのでCaの添加剤を増やした結果ですね(^^;)

なのでKHの数値も低いし・・・(汗)

あとは栄養塩(硝酸塩やリン酸塩)が低すぎるのでリーフエナジーでサンゴに栄養(餌)を与えたほうがいいようです。

これまたリーフエナジーを切らしてしばらく経っていたので購入しておきました^o^

そして、NO3PO4X(炭素源)の添加もしばらく中止したほうがいいようです。

1週間くらい様子見て栄養塩を測定して炭素源の添加をどうするか決めていきたいと思います。

あとはCaですね~。

Caの添加を一時中止してKHの添加だけにして1週間後、再測定してCaの添加量を決めるといいようです^_^

しかし、Mgは添加してないのに1500ってなんでなんでしょう?

サンゴが吸収してないんですかね~?



そんな感じで色々と話し&相談をさせてもらっていい勉強をさせてもらいました^o^

うちの添加剤はほとんどがレッドシーなんでメーカーの方と話しできたのは凄く良かったです^o^

ってことで、塩とリーフエナジーABとKHの試薬を購入~^_^

20151128 (3)

コーラルプロにしてからCaとKHの添加量はかなり少なめになったのでランニングコストを抑えることができてます^o^

リアクターを使用してない自分にとってはありがたい塩です^o^

なのであまり値上げしないでくださ~い(笑)


↓↓↓ポチッとしてくれたら幸せだな~(●´ー`●)
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

KHが上がり過ぎました。

いや~・・・(^^;)

やらかしました・・・(汗)



・・・あっ、崩壊はしてませんよ(笑)

前回、PHモニターを設置したわけですが、石油ファンヒーターのせいでPHが低いことがかわりました。

それに伴い?PHを上げるためにバッファー剤を使ったわけですよ。

20151103 (5)

これですね。

まっ、使ったことで一時的にPHが上昇するもすぐに下がることもわかりました。



それでです!

自分はPHばかり気にしていたんです。

これがマズかった・・・(汗)

そう!

このバッファー剤。

PHも上昇するけど、KHも上昇させてしまうんですよ~!

そのことをまったく考えてませんでした・・・(汗)



そのことに気がつかせてくれたのがアクア仲間のミスターさん!

PHとKHって関係ありますよね~?って言われて・・・。

「あ~~~!そう言えば!KHはどんなことになってんの!?」

って思ったわけです。

焦っていつもの水質測定をしました。

いつも塩分濃度 → Ca → KHの順番で測定します。

まず、塩分濃度。

35ppt。

これはいつも変わらず安定^o^


次にCa。

350・・・!?

あ・れ・・・?(汗)

待て待て。

前回は430くらいあったのに・・・。

ってことはKHが高くなっているのかな??

そんなわけで、KHを測定してみたんです。





・・・おいおい(汗)

KHが15以上って!?!?(滝汗)

これはヤバい!!!

KHは高過ぎも白化の原因なんで、即効で水換えしましたよ!!

幸い?現在は白化したミドリイシはいないのでいいんですが・・・。

でも、KH急上昇によるダメージで白化するかもしれません・・・(T-T)



っということで、結論!

バッファー剤はちゃんとPHもKHもCaも測定しながら使ったほうがいいですね!

そして、バッファー剤は最終手段!ってことでしょうか?

PHが上がらないのは必ず何らかの原因があるのでそれを対策しないとですね!

魚が多すぎるとか暖房とかCO2を排出するものがあるはず。

それらを対策してもPHが上がらないときはちゃんとKHもCaも測定しながらバッファー剤を使用しましょう~!

っというか自分はもうバッファー剤は使いません(^^;)

今回はいい勉強になりました(^^;)


ってなことで今回は文字ばかりのブログでした~(^^;)



↓↓↓ポチッとしてくれたら幸せだな~(●´ー`●)
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

水質検査しました。(6月)

覚書きのような水質検査ですw

今回は6月のを載せていきます。

ちなみに今回は画像は一切ありません(^^;)




6月2日
Ca 400
KH5.2
リン酸塩 0.03
塩分濃度 35ppt
※KHの添加剤をレッドシーへ変更(5ml/日で開始)。


6月5日
KH5.6
変化ないため、添加量を5ml/日 → 6ml/日へ変更。


6月9日
Ca 390
KH6.7~7.0
塩分濃度 35ppt
※Caの添加量を4ml/日 → 6ml/日へ変更。


6月14日
Ca 390
KH 6.7~7.0
塩分濃度 35ppt
※Caの添加剤をレッドシーへ変更(6ml/日で開始)。


6月19日
Ca 410~420
KH 6.4
リン酸塩 0.00
塩分濃度 35ppt
※Caの添加量を6ml/日 → 8ml/日へ変更。


6月27日
Ca 500以上
KH 6.4
Mg 1400
リン酸塩 0.02
塩分濃度 35ppt
※Caの添加量を8ml/日 → 2ml/日へ変更。
※KHの添加剤を6ml/日 → 8ml/日へ変更。



っとこんな感じです。

グローテックの添加剤にしてからCaとKHが安定せず、6月からレッドシーに戻しました。

KHはまずまずな数値ですが、もうちょっと上がって安定して欲しいところですね。

Caに関してはレッドシーにしてから急激に数値が上昇し、最後は500以上になり慌てて添加量を少なくして、水換えもしました。

次回の測定ではどうなっているか?(^^;)

そして、久しぶりにMgを測定しましたが、安定の1400でしたね~(笑)

何も添加してないのにwww

不思議ですw

あとはリン酸塩はまったく問題ない数値ですし、塩分濃度も35pptをキープしているという優秀っぷり^o^

塩分濃度が変動しないのはおそらく自動給水装置(SATO-100P)のおかげだと思われます^o^

水位変化がないってすごいですね~^o^


っということで、以上になりますw

なにか画像でも・・・と思ったんですが、何もなかったので文字だけとなりま~す(笑)



↓↓↓ポチッとしてくれたら幸せだな~(●´ー`●)
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

水質検査しました。

6月になったので、5月に実施した水質検査を載せていきま~す。

覚書きみたいなもんですw



5月2日
Ca 450~460
KH 6.7
リン酸塩 0.00
塩分濃度 35ppt
KHが低くなってきたので、KHの添加剤を4ml/日 → 6ml/日へ


5月5日
Ca 420~430
KH 5.6
塩分濃度 35ppt
KHの数値がなぜか下がったので、6ml/日 → 8ml/日へ


5月10日
Ca 460~470
KH 5.6~5.9
KH上昇ぜす・・・。8ml/日 → 10ml/日へ


5月14日
Ca 470
KH 5.6


5月16日
Ca 460
KH 5.4~5.6
塩分濃度 35ppt
Caはやや高めなので4ml/日 → 2ml/日へ
KHもまだ上昇しないため10ml/日 → 15ml/日へ


5月17日
KHが全く上がらないのでなんとなく50Lの水換えを実施。


5月22日
Ca 420~430
KH 5.6
リン酸塩 0.00
塩分濃度 35ppt
KHがまったく上昇せず・・・。
なぜ??



っとここで5月分の水質測定は終了~。
KHの添加剤の添加量を多くしてもなぜか数値が上がらないという現象に困惑(汗)
添加剤が悪いのか?
試薬が悪いのか?
塩が悪いのか?
レッドシーのKHの添加剤を使ってたときはこんなことなかったんですがね~?
とりあえず、手軽に変化がわかりそうな添加剤をレッドシーに戻してみようかと思います。
それでも上がらなければ塩をコーラルプロにしてみようかな?

こんな感じでKHは低いですが、サンゴも魚も調子いいです^o^
根元から白化してるのは2個体ほどありますがね~(T-T)


これで終わるのももったないので、サンゴの画像でもw

20150602 (2)

ショウガサンゴですね~^o^

これは相変わらず濃いピンクで光が当たらないところは黒いピンクって感じで^_^

調子はいいです^o^



20150602 (3)

ハナガサ系のミドリイシ。

やや色落ちはしてますが、なかなかキレイなんですよね~!

画像ではわかりませんが、先端がややブルーっぽい感じでなんです^_^

成長もしてますよ~^o^


20150602.jpg

ワイルド個体と言っていいほどデカいブリード個体(笑)

ハナガサ系ですね。

この個体はポリプをぜんぜん出していなかったんですが、最近は消灯後に出すようになりました^o^

色は微妙な感じですが、先端のパープルが濃くなってきたような気がします。

ダメかな~?って思っていた個体ですが、調子いいっすわwww




サンゴの追加したいですが、まだまだガマンを続けます(^^;)

サイフが寂しいってのもあるんですがね(^^;)

とりあえず、KHが落ち着くまでサンゴは増やさないでいきます^_^



↓↓↓ポチッとしてくれたら幸せだな~(●´ー`●)
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

水質検査しました。

前回に引き続き、継続的に水質を測定してます。

それを載せていきま~す。

まっ、覚書きみないなもんです(^^;)


前回は3/23で終わっているのでのその次からです。

3月26日
Ca 430
KH7.8
塩分濃度 35ppt


3月31日
Ca 410
KH 7.0
リン酸塩 0.02
塩分濃度 35ppt
※Caの添加を2ml/日→3ml/日へ


4月3日
Ca 420
KH 6.8~7.0
塩分濃度 35ppt
※イオンバランスの添加を3ml/日→1ml/日へ(なんとなくです(^^;))


4月7日
Ca 450
KH 8.4
Mg 1420~1440
塩分濃度 36ppt


4月10日
Ca 430~440
KH 8.4~8.7
リン酸塩 0.08
塩分濃度 36ppt


4月16日
Ca 430
KH 6.7
リン酸塩 0.06
塩分濃度 35ppt
※KHの添加を2ml/日→3ml/日へ


4月19日
Ca 430~440
KH 7.3~7.6
リン酸塩 0.00
塩分濃度 35ppt


4月25日
Ca 450
KH 6.7~7.0
リン酸塩 0.02
塩分濃度 35ppt
※Caの添加を3ml/日→2ml/日へ
※KHの添加を3ml/日→4ml/日へ


現時点ではここまでです。

まぁ~、そんなに大幅な変動はない感じですかね~?

Caはだいたい430前後で安定してきてます。

KHは7.0以下にならないように調整していますが、ちょっと変動が大きいときもあるので安定してない感じですね~(^^;)

Mgの測定はちょっと面倒なのでほとんど測定してません(笑)

Mgの添加剤を添加してないのにいつも1400くらいなんで(笑)


こんな感じで次回からは月末くらいにこうやって載せていこうと思います^_^



画像が何もないのも寂しいのでちょっと前に撮影したのをw

20150501.jpg

餌の時間で魚がたくさん出てきてるところを撮影しました^o^




↓↓↓ポチッとしてくれたら幸せだな~(●´ー`●)
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村

« »

02 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
カウンター
ランキングバナー
ポチッてみる?w
プロフィール

トミー

Author:トミー
北海道は札幌で海水魚とサンゴを飼ってます。
当初はフグがメインだったんですが、現在フグはほとんどいません(笑)
っというか、ミドリイシや他の魚がメインになりつつあります(笑)

そんなもんで海水飼育は色々とかなり悪戦苦闘してますが、楽しくやってま~す^o^

水槽スペック&タンクメイト
リンク
リーフリング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login