継続的に水質測定してみました。

今回は文字ばかりのブログで~す(^^;)



ちょっと前にレッドシーの試薬を購入したのでちょっと継続的に測定してました。

それと、根元から白化しているサンゴが何個体かあったので・・・。

もしかしたら水質に問題あるのかな?と思ったからです。

測定することで添加剤の微調整ができるので悪いことではないですね^_^



まずは、1月16日です。
Ca 470(添加量を2day/1ml)
KH7.8(添加量を1day/5ml)
Mg1360(添加量を1day/1ml)
塩分濃度 35ppt

1月18日
Ca 450(添加量を3day/1mlへ↓)
KH 7.0
Mg 1400
リン酸塩 0.04
20Lの水換えの実施

1月22日
Ca 440~450
KH 7.0(添加量を1day/6mlへ↑)
Mg 1400(添加量を2day/1mlへ↓)
リン酸塩 0.00

1月25日
20Lの水換え

1月30日
Ca 420~430
KH 7.3
Mg 1400

1月31日
20Lの水換え

2月4日
Ca 420~430
KH 8.4~8.7(1day/5mlへ↓)
Mg 1400(4day/1mlへ↓)
リン酸塩 0.03
塩分濃度 35ppt


っと、こんな感じです。

ちゃんと測定する前のCaは500以上とかありましたから、そのに比べるとかなりいい数値にはなってきたようです。

このままの数値でいってくれるといいです^o^

KHは個人的は理想より高めかな?

理想値は7.0~7.5くらいなんですがね~。

なかなか調整が難しいです。

Mgに関しては、添加しなくてもいいじゃないか?っていうくらいです(^^;)

理想としては1300~1350くらいなんでね~(^^;)

いまのMgの添加剤がなくなったら一旦中止してみようと思います。

リン酸塩に関してはかなり優秀でした^o^

炭素源が頑張ってくれているんでしょう~^_^

このまま炭素源は添加していこうと思います。

ちなみに炭素源は手動で入れてます(笑)

その他のCa、KH、Mgの添加剤はドージングポンプで添加してますよ~^_^

あと、個人的に注目しているのが、塩分濃度です。

先日、自動給水システムを設置してから本当に変動がほぼないです^_^

同時に水位変化もほぼなし!

自動給水システムはいいっすわ~(●´ー`●)




こんな感じで継続して測定してみましたが、まだまだ継続して観察が必要です。

もちろん!

数値だけじゃなくサンゴの状態もしっかり観察して添加量を調整しないとですね!



こうやって時系列で数値を並べると変化がわかりやすくていいですね^o^

ちょっと面白いっす^o^



ここまで文字だけの内容は本当につまらないので最後に画像を(笑)

20150203 (2)

1枚だけ~(笑)

ちょこっとサンゴの配置換えはありました~。

大きなトラブルもなく魚もサンゴも元気なようです^o^



↓↓↓ポチッとしてくれたら幸せだな~(●´ー`●)
にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments


« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カウンター
ランキングバナー
ポチッてみる?w
プロフィール

トミー

Author:トミー
北海道は札幌で海水魚とサンゴを飼ってます。
当初はフグがメインだったんですが、現在フグはほとんどいません(笑)
っというか、ミドリイシや他の魚がメインになりつつあります(笑)

そんなもんで海水飼育は色々とかなり悪戦苦闘してますが、楽しくやってま~す^o^

水槽スペック&タンクメイト
リンク
リーフリング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

Archive RSS Login